愛島発電所

QT SOLAR 愛島発電所

本日の発電量
615 kWh
現在の日射量
631 Wh/㎡
現在の外気温
24.7 ℃

(2024/06/20 09:00 更新)

下増田発電所

QT SOLAR 下増田発電所

本日の発電量
66 kWh
現在の日射量
704.3 Wh/㎡
現在の外気温
27.8 ℃

(2024/06/20 09:04 更新)

北原東発電所

QT SOLAR 北原東発電所

本日の発電量
104 kWh
現在の日射量
754 Wh/㎡
現在の外気温
23.3 ℃

(2024/06/20 08:46 更新)

長久良辺発電所

QT SOLAR 長久良辺発電所

本日の発電量
103 kWh
現在の日射量
743 Wh/㎡
現在の外気温
27.4 ℃

(2024/06/20 08:49 更新)

白坂発電所

QT SOLAR 白坂発電所

本日の発電量
95 kWh
現在の日射量
837 Wh/㎡
現在の外気温
28.2 ℃

(2024/06/20 08:55 更新)

清水沢発電所

QT SOLAR 清水沢発電所

本日の発電量
106 kWh
現在の日射量
795 Wh/㎡
現在の外気温
23.9 ℃

(2024/06/20 09:03 更新)

PVS010T200 | 機器紹介

新電元工業のパワーコンディショナーです。

QT SOLARの低圧発電所で使用しているパワーコンディショナーです。

PVS010T200(三相10kW)とPVS9R9T200(三相9.9kW)の組み合わせで、低圧ぎりぎりの49.9kWを実現します。

9.9×5台の構成に比べ0.4kWほど出力が高いわけですが、この1%未満の差がどれだけ影響を与えるかというと、システム全体として大雑把に見た場合は、それほどこだわる部分でもないような気がします。もちろん、計画段階での収支計算では1%未満の数字での攻防なんかがあるわけですから、そういった意味はあります。

PCSは熱を出す上にその熱に弱いので、冷却が必要になります。そこで普通に空冷となるわけですが、そうなると今度は粉塵との戦いになります。粉塵もまた機器故障の原因です。

その対策としてよく見られるのが、吸気口にフィルタ(レンジフードフィルターなど)を取り付ける方法。しかし、これはファンに対する負荷になるので、ファンの寿命との引き替えになるかも知れません。もちろん、ファンの性能を超えた負荷をかけたのでは熱対策にならず逆効果です。

この吸気口フィルタ作戦は、SOHOのPCサーバー防塵策として有名なのですが、PCの場合は、マザーボードには温度センサーが付いているので、多少の目安にはなりますが、PCSの場合はファンの音を聞いたり排気に手を当てたりで手探りになりそうです。

  • PCの防塵

費用対効果はどうか分かりませんが、PCSにとって一番良いのは、専用のエンクロージャーなり、コンテナなり、小屋なりに格納してエアコンで冷却でしょうね。実際、大容量のPCSはそのような形での運用が標準になっています。