愛島発電所

QT SOLAR 愛島発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
0 Wh/㎡
現在の外気温
10.9 ℃

(2024/05/23 01:46 更新)

下増田発電所

QT SOLAR 下増田発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
1 Wh/㎡
現在の外気温
11.6 ℃

(2024/05/23 01:41 更新)

北原東発電所

QT SOLAR 北原東発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
4 Wh/㎡
現在の外気温
12.2 ℃

(2024/05/23 01:45 更新)

長久良辺発電所

QT SOLAR 長久良辺発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
6 Wh/㎡
現在の外気温
10.0 ℃

(2024/05/23 01:43 更新)

白坂発電所

QT SOLAR 白坂発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
6 Wh/㎡
現在の外気温
12.2 ℃

(2024/05/23 01:06 更新)

清水沢発電所

QT SOLAR 清水沢発電所

本日の発電量
0 kWh
現在の日射量
0 Wh/㎡
現在の外気温
8.5 ℃

(2024/05/23 01:42 更新)

SSL証明書なしにHTTPS通信を行う | Perlで作るサーバーサービス

SSLサーバー証明書(SSL証明書)なしにIO::Socket::SSLを用いたHTTP通信を行います。

IO::Socket::SSLを用いたHTTP通信では、通常、SSLサーバー証明書(SSL証明書)なしにHTTPS通信を行うことは出来ません。

例えばこんな感じのエラーが出ます。

SSL connect attempt failed error:1416F086:SSL routines:tls_process_server_certificate:certificate verify failed

証明書なしではSSLの意味がないのでそれはそれで良いのですが、LAN上のWEBサーバーであったり、一時的にであったり、証明書なしで接続したいと思うこともあるわけです。

その場合、IO::Socket::SSLのインスタンス生成時のオプションでverifyを行わないよう指定します。

では、具体的な話。

この記事に次の行があります。

$socket = IO::Socket::SSL->new(PeerAddr => $host, PeerPort => $port) || die "$! $host:$port";

これを以下のように変更します。

$socket = IO::Socket::SSL->new(PeerAddr => $host, PeerPort => $port, SSL_verify_mode => 0) || die "$! $host:$port";

これでverifyが行われなくなるため、SSL証明書がなくともエラーとなりません。