愛島発電所

QT SOLAR 愛島発電所

本日の発電量
328 kWh
現在の日射量
426 Wh/㎡
現在の外気温
23.5 ℃

(2024/06/20 08:44 更新)

下増田発電所

QT SOLAR 下増田発電所

本日の発電量
49 kWh
現在の日射量
681.3 Wh/㎡
現在の外気温
27.5 ℃

(2024/06/20 08:49 更新)

北原東発電所

QT SOLAR 北原東発電所

本日の発電量
104 kWh
現在の日射量
754 Wh/㎡
現在の外気温
23.3 ℃

(2024/06/20 08:46 更新)

長久良辺発電所

QT SOLAR 長久良辺発電所

本日の発電量
103 kWh
現在の日射量
743 Wh/㎡
現在の外気温
27.4 ℃

(2024/06/20 08:49 更新)

白坂発電所

QT SOLAR 白坂発電所

本日の発電量
95 kWh
現在の日射量
837 Wh/㎡
現在の外気温
28.2 ℃

(2024/06/20 08:55 更新)

清水沢発電所

QT SOLAR 清水沢発電所

本日の発電量
87 kWh
現在の日射量
741 Wh/㎡
現在の外気温
23.0 ℃

(2024/06/20 08:39 更新)

xwdをbmpやpngに一括変換する | 技術メモ

ImageMagickを導入し、シェルワンライナーでxwdファイルをbmpファイルやpngファイルに一括変換します。

Linux Live CD使用中にスクリーンキャプチャーを行うためにxwdを利用することがあると思います。このとき生成されるのがxwdファイルなのですが、これを他形式のファイルに一括変換する方法を紹介します。

ImageMagickの導入

convertというコマンドを利用するため、ImageMagickをインストールする。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install imagemagick

これはLinux Live CD起動中に行ってもよいのですが、そうであるなら最初からImageMagickの機能を使ってスクリーンキャプチャーしたほうが手っ取り早いです。ただし、再起動するとImageMagick自体はなくなります。

一括変換

xwdからbmpを例にとりますが、xwdからpngでも同様です。

xwdファイルのあるディレクトリにカレントを移動する。

$ cd ./xwd

bmpファイルを保存するディレクトリをひとつ上の階層に作成する。

$ mkdir ../bmp

xargsを利用する

find * -maxdepth 0 -name "*.xwd" -print0 | perl -pe 's/\.xwd\0/\0/g' | xargs -0 -I{} convert -verbose {}.xwd ../bmp/{}.bmp

これで完了ですが、もっと庶民的な方法もあります。

for ~ in ~ do ~ doneを利用する

$ for file in *.xwd; do convert -verbose $file ../bmp/${file%.xwd}.bmp; done