愛島発電所

QT SOLAR 愛島発電所

本日の発電量
615 kWh
現在の日射量
631 Wh/㎡
現在の外気温
24.7 ℃

(2024/06/20 09:16 更新)

下増田発電所

QT SOLAR 下増田発電所

本日の発電量
70 kWh
現在の日射量
704.3 Wh/㎡
現在の外気温
27.8 ℃

(2024/06/20 09:20 更新)

北原東発電所

QT SOLAR 北原東発電所

本日の発電量
124 kWh
現在の日射量
814 Wh/㎡
現在の外気温
23.8 ℃

(2024/06/20 09:11 更新)

長久良辺発電所

QT SOLAR 長久良辺発電所

本日の発電量
123 kWh
現在の日射量
810 Wh/㎡
現在の外気温
27.8 ℃

(2024/06/20 09:13 更新)

白坂発電所

QT SOLAR 白坂発電所

本日の発電量
114 kWh
現在の日射量
893 Wh/㎡
現在の外気温
29.5 ℃

(2024/06/20 09:19 更新)

清水沢発電所

QT SOLAR 清水沢発電所

本日の発電量
106 kWh
現在の日射量
795 Wh/㎡
現在の外気温
23.9 ℃

(2024/06/20 09:03 更新)

パーティション(GPT形式)の設定 | 技術メモ

GPT方式によるパーティションの設定を行います。

GPTは従前のMBRを置き換える新しいパーティション仕様です。今回はeMMCのパーティショニングをGPT形式で行います。なお、MBRを使わないことからUEFIによる起動を前提とします。

gdiskのインストール

GPTを扱うのでgdiskをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gdisk

なお、標準で使えるpartedでもGPTのパーティショニングは可能です。

パーティショニング

今回は容量が4G程のeMMCをターゲットとするため、各パーティションとサイズは以下の通りとします。

  • UEFI用に200MB
  • GRUB(kernel・Initrd)用に200MB
  • ルート(root directrory)用に残り全て

各パーティションはそれぞれ異なるファイルシステムで管理します。

複数のパーティションを構成する理由

vfat形式の1つのパーティションで全て賄う形でも問題ありませんが、複数のパーティション構成にすることには例えば以下のメリットがあります。

  • あるパーティションが論理的に破壊されても他のパーティションに影響が及ばない
  • それぞれ役割に応じた最適なファイルシステムを利用することが出来る

UEFIがEFIファイルを認識する必要性からvfat、GrubはLinux filesystem、そしてルート以降は拡張性に富むLVMといった具合です。

GPTパーティションの設定

gdiskを使ってGPT形式のパーティションを作成します。操作は対話形式で行われます。

$ sudo gdisk /dev/mmcblk0
GPT fdisk (gdisk) version 0.8.8
Partition table scan:
MBR: not present
BSD: not present
APM: not present
GPT: not present
Creating new GPT entries.
Command (? for help): n
Partition number (1-128, default 1):
First sector (34-7733214, default = 2048) or {+-}size{KMGTP}:
Last sector (2024-7733214, default = 7733214) or {+-}size{KMGTP}: +200M
Current type is 'Linux filesystem'
Hex code or GUID (L to show codes, Enter = 8300): ef00
Changed type of partition to 'EFI System'
Command (? for help): n
Partition number (2-128, default 2):
First sector (34-7733214, default = 411648) or {+-}size{KMGTP}:
Last sector (411648-7733214, default = 7733214) or {+-}size{KMGTP}: +200M
Current type is 'Linux filesystem'
Hex code or GUID (L to show codes, Enter = 8300):
Command (? for help): n
Partition number (3-128, default 3):
First sector (34-7733214, default = 821248) or {+-}size{KMGTP}:
Last sector (821248-7733214, default = 7733214) or {+-}size{KMGTP}:
Current type is 'Linux filesystem'
Hex code or GUID (L to show codes, Enter = 8300): 8e00
Changed type of partition to 'Linux LVM'
Command (? for help): w
Final checks complete. About to write GPT data. THIS WILL OVERWRITE EXISTING
PARTITONS!!
Do you want to proceed? (Y/N): Y
OK: writing new GUID partition table (GPT) to /dev/mmcblk0.
The operation has completed successfully.