愛島発電所

QT SOLAR 愛島発電所

本日の発電量
615 kWh
現在の日射量
631 Wh/㎡
現在の外気温
24.7 ℃

(2024/06/20 09:16 更新)

下増田発電所

QT SOLAR 下増田発電所

本日の発電量
70 kWh
現在の日射量
704.3 Wh/㎡
現在の外気温
27.8 ℃

(2024/06/20 09:20 更新)

北原東発電所

QT SOLAR 北原東発電所

本日の発電量
124 kWh
現在の日射量
814 Wh/㎡
現在の外気温
23.8 ℃

(2024/06/20 09:11 更新)

長久良辺発電所

QT SOLAR 長久良辺発電所

本日の発電量
123 kWh
現在の日射量
810 Wh/㎡
現在の外気温
27.8 ℃

(2024/06/20 09:13 更新)

白坂発電所

QT SOLAR 白坂発電所

本日の発電量
114 kWh
現在の日射量
893 Wh/㎡
現在の外気温
29.5 ℃

(2024/06/20 09:19 更新)

清水沢発電所

QT SOLAR 清水沢発電所

本日の発電量
106 kWh
現在の日射量
795 Wh/㎡
現在の外気温
23.9 ℃

(2024/06/20 09:03 更新)

apt利用時に出るinsservの警告 | 技術メモ

apt利用時にinsserv: warning: script xxxxx missing LSB tags and overridesという警告が出る場合の原因と対処法です。

insservは、chkconfigやupdate-rc.dのようにデーモンの自動起動について設定をするコマンドです。

LSBは、Linux Standards Baseのことで、Linuxの標準化プロジェクトです。

そして、missing LSB tagsという警告は、起動スクリプトLinux Standards Baseに準拠した記法によるランレベル等の定義が見当たらないことを示しています。

起動スクリプトのスケルトンを見てみましょう。

/etc/init.d/skeleton

### BEGIN INIT INFO
# Provides:          skeleton
# Required-Start:    $remote_fs $syslog
# Required-Stop:     $remote_fs $syslog
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: Example initscript
# Description:       This file should be used to construct scripts to be
#                    placed in /etc/init.d.  This example start a
#                    single forking daemon capable of writing a pid
#                    file.  To get other behavoirs, implemend
#                    do_start(), do_stop() or other functions to
#                    override the defaults in /lib/init/init-d-script.
### END INIT INFO

この部分がランレベル等の定義となります。

これを単なるコメントだと思って削除してしまうと警告メッセージが出るようになるわけです。

記載事項には次のようなものがあります。

Provides
起動するサービスの名前
Required-Start
サービスを実行するにあたり前提となる(強依存の)サービス
Default-Start
ランレベルの指定

Required-Startでは、サービスを開始する上で必ずなくてはならないサービスを記述します。なお、スケルトンに書かれた$remote_fs等が何を意味するかは、次のファイルに書いてあります。

/etc/insserv.conf

例えば、サービスを開始する上でMySQLがないとデーモンがまともに動かないといった場合は次のように書きます。

# Required-Start:    mysql

また、スケルトンには記載がありませんが、MySQLを使うが無くとも動かなくもないといった場合は次のように書きます。

# Should-Start:      mysql

依存関係の強弱で使い分けます。